スロバキア養蜂協会よりユライ・ファンドリーメダルの授与を受けました。

2013年5月、国を上げて養蜂産業を発展させているスロバキア国養蜂協会から、ユライ・ファンドリー賞という権威ある顕彰を受けました。この賞は、スロバキアの著名な啓蒙作家であり、かつローマカトリックの司祭、ミツバチの生態を研究した昆虫生態学者でもあるユライ・ファンドリーという人にちなんでスロバキア養蜂協会が設けた顕彰制度です。養蜂産業の発展に多大な貢献をした人物を顕彰するものでありますが、スロバキア科学アカデミーという学術団体の推薦によって授与された権威ある賞であります。  授賞式は、2013年5月、スロバキアにて行われ、スロバキア養蜂協会会長より授賞証書と顕彰メダルが山口会長に授与されました。
外国人としてユライ・ファンドリー賞を受けるのは今回が初めてのことであり、スロバキア国では養蜂協会の機関誌や科学アカデミーの機関誌に受章を伝える記事が大々的に掲載されました。