中国雲南農業大学にて山口喜久二奨学金を授与

 12月4日、中国雲南省昆明市にある雲南農業大学において山口喜久二奨学金の授与が行われました。この奨学金は、同大学で客員教授を務める山口喜久二博士が2001年以降、毎年、同大学の成績優秀な学生、大学院生、若手教員を対象に授与してきたもので、今年で19回目の授与になりました。

 雲南農業大学は中国で唯一の「蜂学部」を擁する農業系総合大学でありますが、山口博士は蜂学部に自らの研究室を開設し、若手養蜂家の人材育成に多大の貢献をしてきました。そのひとつとして、これまでに同奨学金を受けた学生、大学院生は269名、奨学金の総額は27万元余りに上っております。奨学金を受けた学生にとっては単に経済的支援であるだけでなく、養蜂に関わる自らのモチベーションを高める良いきっかけとなってきました。

 授与式では、都合で出席できなかった山口博士に代わりジャパンローヤルゼリー社の日高景介取締役が今年の受賞者16名にひとりづつ奨学金を授与しました。これに対し、同大学党委員会の畢保良書記から山口博士ならびに同奨学金に対し深甚なる敬意と謝意が述べられました。